ヨガ ホットヨガ

ヨガとホットヨガの違いについて

ヨガもホットヨガも、基本的にはインナーマッスルを動かしつつ精神力を高めるエクササイズであることには違いはありません。しかし、ホットヨガの方には、「室温や湿度が高い空間で行う」という、大きな特徴が存在しており、これが両者の決定的な相違点となっています。

 

例えば、一般的なホットヨガは、温度が40度前後、湿度が50%から60%という、非常に高温多湿な状況下で行われています。これに対し、通常のヨガには室内環境の指定がほとんどありません。

 

このように、高温で湿度の高い環境で行われるのがホットヨガということになります。そのダイエット効果は、普通のヨガと比べると、より高いとされています。インナーマッスルを含む筋肉は、温度や湿度の高い環境でより動かしやすくなるためです。また、発汗作用も促進され、ダイエットの大敵である老廃物が排出されやすくなるというメリットもあります。

 

ただ、ヨガを行う部屋を常に高音・高湿度状態に保っておくのは、自宅では非常に困難です。そのため、ホットヨガを行うときには、ホットヨガスタジオに通うことをおすすめします。最初のうちは息継ぎが難しく大変ですが、無理のない程度で徐々に体を慣らしていくと良いでしょう。